原宿はエリアごとにカラーが違う


原宿エリアと一口に言っても、エリアによってニュアンスやカラーが異なります。
特に原宿は近隣しているエリアによってカラーが違ってきます。

まず原宿の中でも駅前エリアは、竹下通りに代表されるように若者やファッションの街です。多くの人で賑わうエリアでもあり、若者向けの店舗であれば出店しても収益が期待できるでしょう。

対して青山エリアと隣接しているエリアだと、駅前エリアよりも大人が行き交うイメージが強くなります。南青山や猿楽町に代表されるように、シックなイメージがあることも特徴です。

また、明治通り側は裏原宿と言われるファッションの発信地というイメージがあります。デザイナーズブランドのショップも多く、幅広い世代の人で賑わっています。
かつては裏原宿も若者メインでしたが、最近ではこだわりのショップが多く年齢層を問わずに人気があります。

原宿エリアはそれぞれ特色が異なりますので、出店する前に把握しておきましょう。

This entry was posted in 原宿で貸店舗を探すときの注意点. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります