スケルトン物件で貸店舗を借りる


スケルトン物件とは、内装や備品など何にもない状態の物件のことです。
極端に言ってしまえば、建物ができた状態そのものだと考えれば良いでしょう。

そのため、新たに出店するのであれば、内装や備品を自分で用意しなくてはなりません。お店の業態にもよりますが、水周りの工事も必要になりますのでランニングコストはある程度必要です。

コスト的な負担が大きくなる反面、自分が思い描く通りのお店作りができます。
内装や備品が何にも無い状態ですから、配置や設計も自由に出来ますし、お店のカラーを前面に押し出すことも可能です。

気をつけるべき点としては、スケルトン物件はスケルトン返しが必要なことです。
つまり、内装や備品を全て撤去して元に戻さなくてはなりません。
もし内装や備品がキレイな状態で残っているなら、家主と交渉して居抜き状態で返すこともできます。

スケルトン物件は自由度の高さがウリですので、これから新たなお店を始めたい方にも最適です。

This entry was posted in 貸店舗は居抜き物件かスケルトン物件か. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります