居抜き物件で貸店舗を借りる


貸店舗を借りたいけれど予算が限られている、という場合は居抜き物件を検討してみましょう。

居抜き物件とは、内装や備品が残っている状態の物件で、飲食店や物販店など幅広く存在します。いわゆる内装つきの店舗物件であり、新たに内装工事費や備品購入費を掛ける必要がなくなります。
不動産業界では幅広く用意されていますので、ランニングコストを抑えたいなら居抜き物件をチェックしてみるべきです。

ただし、内装や備品の状態は物件ごとに異なります。
キレイな状態で残っている物件があれば、リフォームが必要な物件もあります。
仮にリフォームが必要だとしても新設するよりもコストを抑えることができますので、予算が限られている方にとってはありがたい物件でしょう。

リフォームが必要な物件は「一部居抜き物件」という表記になっていますので、気をつけて物件詳細を見てみてください。

このように居抜き物件は出店コストを抑えることに役立つ優れモノですよ。

ピックアップ

原宿の貸店舗を探すなら西武通信不動産
原宿の貸店舗を探すなら西武通信不動産
原宿エリアで貸店舗を探したいなら専門情報サイトをオススメします!豊富な物件数を取り揃えているので、自分の希望条件を満たすことができますよ。賃料や保証金など予算面に応じて物件を選べることもポイントです!
This entry was posted in 貸店舗は居抜き物件かスケルトン物件か. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります